酒造情報 ~ 福田酒造の会社概要・沿革・アクセス方法など

価格改定のお知らせ(2019.08.24)

令和元年 9月1日より、

弊社商品の一部が価格改定となります。

対象商品は、

『福鶴 純米酒 1800ml』『金銭 福鶴 720ml』

以上です。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

今後ともよろしくお願い申し上げます。

長崎新聞に掲載されました(2019.06.03)

 長崎県平戸市志々伎町の福田酒造の日本酒「長崎美人 大吟醸」が、2019年の全国新酒鑑評会で最高賞の金賞を受賞した。軽快なのど越しや、しっかりとした味わいや口当たりが評価された。福田詮社長(67)は「酒造りに関わった皆さんや愛飲家のおかげ。平戸の活性化へ精進したい」と意欲を語る。

 「長崎美人」は福田社長の長男、竜也さん(36)と次男、信治さん(33)、製造部門の計5人が昨年12月に仕込みを始めた。

 米は地元の契約栽培農家が作った山田錦。仕込み水は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産、安満岳の湧水を使った。フルーティーな米の香りとうま味が調和した仕上がりになったという。

 同鑑評会は、日本酒造組合中央会(東京)などが酒の品質や製造技術向上を目的に毎年実施。今年は全国の酒蔵から857点が出品され、国税局の鑑定官や消費者ら計25人が審査した。

 「長崎美人」の問い合わせは同酒造(電0950.27.1111)。


─────────────────
写真は、長崎新聞社様より提供頂きました
詳しくはこちらからご覧ください。(長崎新聞のホームページが開きます)

令和元年『酒蔵開き』のご案内(2019.04.08)

令和元年『酒蔵開き』のご案内

 

日時:5月11日(土)

 

 

時間:10時から15時

 

 

開催:平戸市志々伎1475

 

イベント

 

餅まき

 

粕汁無料配布

 

 

『酒蔵開き限定酒』販売

 

 

日本でも有数の天然ヒラメ水揚げを誇る

 

 

志々伎漁協様において

 

『志々伎漁協お魚祭り』

 

も同時開催しております。

 

 

新酒の呑み比べや

 

 

新鮮なウチワエビにお魚をお楽しみください!!

 

 

 

※当日お車を運転してご来場される方の飲酒は、

 

       ご遠慮頂きますようお願いいたします。

 

※平戸方面からのシャトルバス

 

 

※佐世保方面からの、フェリー~バス

 

 

時刻表詳細決定いたしました。

 

以下です。

(※平戸市HP参照)

 

 

https://www.city.hirado.nagasaki.jp/kanko/hirado/hokkori/2019/files/1osakanaA49050203.pdf

https://www.city.hirado.nagasaki.jp/kanko/hirado/hokkori/2019/files/osakanaA4_19050203.pdf

 

 

 

 

 

KURA MASTER 純米酒部門 プラチナ賞 受賞(2018.07.05)

 福田酒造(長崎県平戸市)の日本酒「福田 純米 山田錦」が、5月にフランス・パリであった酒の品評会「KURA MASTER(蔵マスター)」の純米酒部門で長崎県内で唯一、最高賞のプラチナ賞に輝いた。
 「KURA MASTER」は、日仏両国でつくる運営委が、フランスでの日本酒普及を目的に2017年から開催。現地の食に合う「純米酒」「純米大吟醸・吟醸」「にごり酒」の三つの部門に日本国内の蔵元から計605点が出品され、ソムリエやホテル料理長ら約50人が審査した。
 「福田 純米 山田錦」は、福田詮(あきら)社長(66)の長男、竜也さん(35)と次男、信治さん(32)が昨年12月に仕込みを始めた。
 米は市南部の契約栽培農家が作った山田錦。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「平戸の聖地と集落」に含まれる安満岳の湧水を仕込み水に使った。
 出来上がった酒は、米の香りとうま味が調和。審査員からは「食事を邪魔しない穏やかな味が食中酒に適している」と評価され、プラチナ賞の10点の一つに選ばれた。
 「純米大吟醸・吟醸」部門に出品した「福田 純米吟醸 山田錦」も第2位に当たる金賞を受賞した。
 信治さんは「平戸の米や水、人が造る酒が世界で認められうれしい。さらに高みを目指し町おこしにつなげたい」と話した。
 720ミリリットル入りで「純米」1404円、「純米吟醸」1674円(いずれも税込み)。1・8リットル入りもある。同酒造(電0950・27・1111)。

─────────────────
長崎新聞社提供
詳しくはこちらからご覧ください。(長崎新聞のホームページが開きます)

『福田』は、オンラインショップでは、取り扱っていない商品です。
ご購入の際は、お近くの特約酒販店様をご紹介いたしますので、お電話か、HPの問い合わせまで、お問い合わせください。

2018年『酒蔵開き』開催について(2018.04.06)

『蔵開き』のご案内

日時:2018年5月12日(土)

時間:10時から15時

場所:福田酒造株式会社

       平戸市志々伎1475

 0950-27-1111(代表)

イベント:餅まき

     振舞酒

     粕汁無料配布

『志々伎漁協お魚祭り』も同時開催致します。

美味しい酒に魚にお楽しみください!!

https://www.city.hirado.nagasaki.jp/kanko/index.html

 

以上となっております。

長崎新聞に掲載されました(2018.02.14)

 平戸市志々伎町の福田酒造は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「平戸の聖地と集落」に含まれる安満岳の湧水などを原料に使った新酒「福鶴 純米酒つや姫」を29日から県内で限定発売した。

 同社は1688年に創業。「つや姫」は2015年に生産を始めた。神仏をまつった霊山で、かくれキリシタンや仏教徒の信仰対象である安満岳の山頂付近からわき出る軟水はすっきりした飲み口で、仕込み水に適しているという。

 米は市内の離島、度島と大島の農家が栽培した地元産にこだわった。福田詮(あきら)社長(65)の長男、竜也さん(35)と次男の信治さん(31)が10月中旬から仕込みを開始。やわらかな米の香りやうま味、甘酸っぱさが特長で、食中酒として味わうのがお勧めという。

 信治さんは「皆さんが笑顔になれる酒をこれからも届けたい」と話した。「つや姫」は1・8リットルが2200円、720ミリリットルが1050円(いずれも税別)で1300本限定。同酒造(電0950・27・1111)。

─────────────────
長崎新聞社提供
詳しくはこちらからご覧ください。(長崎新聞のホームページが開きます)

2018年 『蔵開き』のご案内(2018.02.12)

『蔵開き』のご案内

日時:2018年5月12日(土)

時間:10時から15時

場所:福田酒造株式会社

       平戸市志々伎1475

 0950-27-1111(代表)

イベント:餅まき

     振舞酒

     粕汁無料配布

『志々伎漁協お魚祭り』も同時開催致します。

美味しい酒に魚にお楽しみください!!

 

以上となっております。

価格改定のお知らせ(2017.12.01)

平成30年1月1日より、

弊社商品の一部が価格改定となります。

対象商品は、

じゃがたらお春40度、じゃがたらお春1800ml、じゃがたらお春1800パック、

じゃがたらお春900mlじゃがたらお春720ml、じゃがたらお春100ml、

じゃがたらお春舟徳利、じゃがたらお春ステンドグラス、じゃがたらお春ミニセット、

呑み比べセット、平戸若女1800ml、平戸若女720ml、平戸若女100ml、

旭西海100ml、芋大尽100ml、長崎の鐘100ml

 

以上です。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

今後ともよろしくお願い申し上げます。

おこぼ様(2017.04.05)



 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

四月一日朝七時に毎年恒例の『おこぼ様』が来られました。

江戸時代以前の昔より現在まで、「平戸島八十八箇所巡り」のお弘法大師様(おこぼ様)数十名の方々が当社にいらっしゃいました。

毎年、「あま酒、ほうれん草のおひたし、ゴマ豆腐」でおもてなしをしております。

昔は、巡礼に来られた方々を泊めたこともあったそうです。

 

しかし、祖母と母が『お弘法大師の為だけ』に造っておりましたが、

齢には勝てなく、『福鶴あま酒』を三十数年前から商品化しました。

 

おかげさまで、健康によいという事で『あま酒ブーム』でして、ようやく時代が近づいてきました。

 

 

 

 

 

SILVER MEDAL 受賞(2016.06.21)



 

『LOS ANGELES INTERNATIONAL SPIRITS COMPETITION 2016』

 

 

にて

『SILVER MEDAL』を受賞いたしました。

 

 

これからも、日々精進致します。

今後とも御指導ご鞭撻のほどよろしく申し上げます。